マセラティ コーティング

〜最硬度のコーティングで、風雨と紫外線から愛車を守る!〜

ポリマー・フッ素・ガラスボディコーティング

コーティングとはボディの表面、塗装を強力に保護するものです。最初の下地処理ができなければ、どんなに優れているコーティング剤でも性能を発揮することができません。

マリオットマーキーズでは、専門のコーティングスタッフがいくつもの工程を経て最高の下地を作り、お車のボディを強固にコーティング。

車の状態を的確に見極め、ボディの塗膜状態をチェック、こだわりの仕上げでベストな状態の下地を作り、コーティング剤の持つ性能を100%発揮させます。

プロにしか出来ないガラスボディコーティングを是非あなたの愛車にも!

フッ素・ガラス高ハイブリッドコーティング ガラスボディコーティング

各種ボディコーティング・あなたのお車に合わせ施工します

レベル 車の状態 ガラスボディコーティング
1 ダメージ(傷や水あか等)がないお車で、バフがけ処理を要さないお車(新車) 70,000円〜が
特別価格 50,000円〜
2 軽度の傷、水あかの除去が必要なお車(新車〜2年以内) 100,000円〜が
特別価格 80,000円〜
3 中軽度の傷、水あか・ウォータースポット除去を必要とするお車の
(新車〜3年以内)
150,000円〜が
特別価格 100,000円〜
4 重度の傷、水あか・ウォータースポットの除去が必要なお車
(新車〜3年以上)
お問い合わせ下さい
保管状態や走行距離等によりお車の状態が異なりますので、経年数は目安です。実際にお客様のお車を見せていただき。、十分なうちあわせを行いプランをご提案いたします。

 

性質による仕上がりの分類

●撥水系
コーティング表面が水分を弾き水玉状になり、コロコロと転がっていくような感じ。
撥水系 ●親水系
水を掛けても弾かず、広がりながら水がひいていきます。
親水系

 

ガラスボディコーティング・施工のながれ

STEP1 ボディチェック
施工前にボディの状態を正確に見極め、キズ・凹の確認、磨きで落ちるキズなのかどうかとことん説明いたします。 Step01
STEP2 アルミホイール及びタイヤハウス洗浄
ボディを洗車するまえに、下回りの泥汚れ、ダストを除去しホイール、タイヤハウスのすみずみまで洗浄します。 Step021
STEP3 ボディシャンプー洗車
泡切れの良いシャンプーとたっぷりの水で汚れを落とし、車の1番高い場所から下へ洗車していきます。最後にボディ全体をすすぎ残しの無いように洗い流します。 Step03
STEP4 鉄粉除去・乾燥
ボディには目に見えない小さな異物が数多く刺さっています。代表的な鉄粉や虫の死骸・樹液などです。これらを粘土で丁寧に除去していきます。 Step04
STEP5 マスキング・パーツ取り外し
磨き工程に入る前にゴムやモール部分をマスキングします。
フードバッチやグリル外せるものは外します。
Step05
STEP6 磨き「ポリッシュ」
磨きとはコーティングを塗る為に作る下地処理のことで、塗膜の表面を徹底的に磨き、何種類ものコンパウンド・バフ・ポリッシャーを使用しコーティングを塗る上で完璧な状態に変えて行きます。 Step06
STEP7 洗車・エアブロー
マスキングをしていても、細かい箇所に磨きの粉は入ってしまいます。
もう1度洗車をし、残留物がなくなるまで洗車をし、その後、エアブローで水分を完璧に飛ばします。
Step07
STEP8 脱脂
水分・油分・残留物が完全に取り除けたら、ボディ全体を脱脂します。この作業もコーティング剤の定着率を高める大事な作業になります。 Step08
STEP9 コーティング
ここまできて、ようやくコーティング作業です。1度に全てに塗ってしまうと、ムラが出来る為、1パネルずつコーティングしていきます。全てのパネルを塗り終わったら、吹き上げに入ります。 Step09
STEP10 仕上げ
車両全体を色々な角度からチェックし、ムラが無いか、拭き残し等がないかを確認しながら進めます。
当社のチェック基準を満たしたら、コーティングが安定するまで寝かします。
Step10
STEP11 完成・引渡し・説明
完成後お引渡しになります。
今後のメンテナンスや洗車方法を丁寧に説明いたします。

 

 

工場へのご来店案内 お電話・メールからのお問合せ案内
営業時間 電話対応 メール対応
平日10:00〜20:00 営業時間内の対応となります。 24時間・年中無休
日曜・祭日12:00〜19:00 修理・車検・点検・塗装など、愛車のメンテナンス整備はマーキーズまでどうぞ気軽にご相談下さい。
年中無休(夏季冬季などを除く)
店舗アクセス お問い合わせ
お問い合わせはこちら